パナソニックとLマウントアライアンスの台頭

新しいメンバーと拡大する影響力

カメラ業界の著名な連合であるLマウント・アライアンスは、7月にSamyangとAstrodesignを新たなメンバーに迎え、9月にはBlackmagic Designが続いた。この拡大は、写真およびビデオ分野における提携の影響力と多様性の増大を浮き彫りにしています。

パナソニックの重要な役割

パナソニックは、特に L マウント機器で主要なプレーヤーとして浮上しました。このブランドのマイクロ フォー サーズ システムも大幅な発展を遂げており、マイクロ フォー サーズ カメラとレンズについては別途議論する必要があります。

カメラ技術のブレークスルー

Lumix S5 IIおよびS5 IIXの発売

5月のCESで、パナソニックは5つの画期的なフルフレームミラーレスカメラ、Lumix SXNUMX IIとLumix SXNUMX IIXを発表しました。これらのモデルは、パナソニックのフルフレーム S シリーズの転換点となり、待望の位相検出オートフォーカス機能が導入されました。彼らの成功は、堅牢な写真とビデオ機能を求める若い視聴者やコンテンツ作成者に特に反響を呼びました。

Lマウントシステムの復活

2022 年は静かでしたが、パナソニックの L マウント システムは 2023 年に復活を遂げ、これらの新しいカメラがこの復活に大きく貢献しました。ただし、S1 シリーズの将来は依然として不透明です。

Lマウントアライアンスのカメラ製品

Blackmagic Design のエントリー

この提携は、Blackmagic Design が 6 月に Blackmagic Cinema Camera XNUMXK をリリースしたことでさらに強化されました。高度な機能を備えたこのフルフレーム ビデオ カメラは、その誇大宣伝に応え、印象的な L マウント レンズへのアクセスを提供しました。

ライカの貢献

ライカは、新しい L マウント カメラを発売しませんでしたが、M11 モノクローム、Q3、M11-P などの新しいカメラを発売しました。彼らはまた、SL2カメラのシルバーバージョンも導入しましたが、新しいモデルとして分類されていませんでした。

レンズの革新

レンズポートフォリオの拡大

2023年には、パナソニックのLumix S 14-28mm f/4-5.6 Macroレンズ、シグマの14mm f/1.4 DG DN Artレンズ、ライカのSummicron-SL 35mm f/2 ASPHおよび50mm f/を含む、いくつかのLマウントレンズがリリースされました。 2 ASPH プライム。超広角から望遠まで幅広い撮影スタイルに対応します。

ライカ最長のSLシステムレンズ

ライカはまた、同社最長の SL システムレンズである Vario-Elmar 100-400mm f/5-6.3 と、新しい Extender L 1.4x テレコンバーターを発表しました。

シグマの幅広い製品

シグマは、60-600mm f/4.5-6.3 DG DN OS や 50mm f/1.4 DG DN Art レンズなど、APS-C カメラとフルフレーム カメラの両方に対応する多数のレンズをリリースしました。また、APS-Cミラーレスカメラ用の70-200mm f/2.8 DG DN OS Sportsと10-18mm f/2.8 DC DNも発表しました。

Lマウントアライアンスの2023年のパフォーマンスの評価

カメラ: A ソリッド B

新しい L マウント カメラ、特にパナソニックの Lumix S5 II と S5 IIX は印象的でしたが、最新の S1R モデルとシグマのフルフレーム Foveon カメラが搭載されていないことが注目されました。

レンズ: 強力なマイナス

新しいレンズのリリース、特にシグマの 14mm f/1.4 DG DN Art レンズは革新的で、さまざまな写真ジャンルのニーズに対応しました。しかし、より高速な望遠レンズの必要性は依然として残っています。

全体的に: 堅牢な B-Plus

2023 年の L マウント アライアンスの全体的なパフォーマンスは、会員ベースの大幅な追加と注目すべき一連の新しいギアにより、称賛に値します。